カバノアナタケは自然治癒力を強化し、自らの力で癌を撃退

モスクワにある「エリダン95メディカルセンター」でも、癌治療にカバノアナタケを積極的に使用しています。


ここでは、診療は西洋医学的な療法をとり、処方は自然生薬や機能性食品を中心にしている。

治療に当っているベテラン女医マナコーバ医師は、以前からカバノアナタケの抗癌作用に関心を寄せており、最近の2年間だけで癌や消化器系疾患の患者1000人近くにカバノアナタケ治療を実施している。

その処方は、個々の患者の症状に合わせて行われるが、カバノアナタケ単独の使用のみならず、他の自然生薬と組み合わせて処方をするケースも少なくは無い。

いずれも、カバノアナタケの高い有効性が示されているが、特にリンパ節への転移の抑制効果が顕著に認められるという。

カバノアナタケは他の自然生薬と同様に癌細胞を直接殺すことはできない。


しかし、免疫力を高め、消化器系の働きを正常化する作用から、癌細胞の働きを抑制できると考えれれている。


カバノアナタケの飲用によって本来備わっている自然治癒力が強化され、癌を自らの力で撃退できるようになるのです。



カバノアナタケ茶