カバノアナタケの細菌に対する有効性

カバノアナタケの細菌に対する有効性についてはどうだろうか。

エイズやインフルエンザの患者が実際にカバノアナタケで快方に向かったとなれば、細菌という脅威に対しても力を発揮できるのではないか。

そんな期待感も高まっていく。

サラダメロンの佐久間氏は、その点にもさっそく目をつけ、ある実験に臨んだ。

カバノアナタケから抽出したエキスを調整し、数種類の病原性細菌に対して抗菌活性を調べる。

対象となった細菌は、平成8年に日本中を恐怖に陥れたO-157、そしてメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)、肺炎桿菌、緑膿菌、黄色ブドウ球菌、枯草菌、ガス壊疸菌の7種類。

これらの細菌を寒天培地などに植えつけ、そこにカバノアナタケエキスを加えて細菌の発育をどの程度の濃度で阻止出来るかの「最小濃度」を求める。

その結果、0-157の菌の発育は、10000ppmの濃度で完全阻止できることがわかった。

またMRSAについては、50000ppmの濃度で完全阻止、という結果が出ている。

他の細菌に対する効果については、肺炎桿菌がl0000ppm、緑濃菌が5000 ppm、黄色ブドウ球菌が5000ppm、枯草菌が10000ppm、ガス壊疽菌が26000ppmで、数値にかなり幅があるものの、いずれもカバノアナタケエキスでの完全阻止は可能であった。

同様の方法で、マイタケとシイタケから抽出したエキスがO-157の細菌に対してどのように作用するかの実験も行っている。

結果、いくらマイタケやシイタケのエキスの濃度を上げても発育阻止効果は得られなかった。

つまり、カバノアナタケエキスには、他のきのこにはない細菌への攻撃力が備わっていると言える。

癌を抑えるカバノアナタケ茶・石鹸

カバノアナタケは自然治癒力を強化し、自らの力で癌を撃退

モスクワにある「エリダン95メディカルセンター」でも、癌治療にカバノアナタケを積極的に使用しています。


ここでは、診療は西洋医学的な療法をとり、処方は自然生薬や機能性食品を中心にしている。

治療に当っているベテラン女医マナコーバ医師は、以前からカバノアナタケの抗癌作用に関心を寄せており、最近の2年間だけで癌や消化器系疾患の患者1000人近くにカバノアナタケ治療を実施している。

その処方は、個々の患者の症状に合わせて行われるが、カバノアナタケ単独の使用のみならず、他の自然生薬と組み合わせて処方をするケースも少なくは無い。

いずれも、カバノアナタケの高い有効性が示されているが、特にリンパ節への転移の抑制効果が顕著に認められるという。

カバノアナタケは他の自然生薬と同様に癌細胞を直接殺すことはできない。


しかし、免疫力を高め、消化器系の働きを正常化する作用から、癌細胞の働きを抑制できると考えれれている。


カバノアナタケの飲用によって本来備わっている自然治癒力が強化され、癌を自らの力で撃退できるようになるのです。



カバノアナタケ茶

カバノアナタケ服用で乳癌が完全に消えたロシアの女性

モスクワから近い場所にある「伝統植物療法センター」は、自然生薬や機能性食品などを用いて治療を行う専門病院である。

ここで治療に当たるザハーロフ医師は、癌患者に対して、カバノアナタケとチベットの伝統的な生薬を組み合わせて処方を行っています。

その結果、奇跡的とも言える治癒例がたくさん見られます。


余命2ヶ月を宣告された31歳の女性!!

彼女は、カバノアナタケを服用する前は、乳癌からリンパ腫、肺癌へと転移が進んでいた。

大手病院で手術をしたものの、すでに従来の癌医療では手のつけられない状態に陥っていた。

ところが、カバノアナタケを主にした植物療法により、2年後には癌細胞が完全に消失した。

体じゅうを蝕んでいた癌の影がものの見事に消えてしまった。

医者も驚くほどの治癒を経験した彼女は、次の段階として免疫力を強化する目的でカバノアナタケの服用を継続している。

その後の癌の再発は見られず、順調に回復に向かっているという。

癌を抑えるカバノアナタケ茶・石鹸