カバノアナタケは、アレルギー疾患の予防と改善効果があります

実は、きのこ類を食べると、ウイルスの増殖を抑える物質が増えることが今までの研究からわかっている。

脳の健康を保ち、若さを保つためにも、やっぱりきのこを摂るべきなのです。

しかし、さまざまな原因で免疫機能システムが正しく作動しなくなり、免疫力が低下すると、ガンの芽は生き延びてしまう。

抗酸化作用とは、活性酸素の生成そのものを抑制したり、発生した活性酸素を除去したり、活性酸素の攻撃を受けて傷ついた細胞の修復や再生といった働きを指す。

カバノアナタケに含まれる食物繊維は、体内の不要物を絡め取って速やかに排出する作用があるため、発ガン物質を取り除いてガンを予防できるなど、さまざまな効果が期待できる。

ストレスが起こると、血管が収縮し、粘膜への血流が一時的に止まってしまう。

抗癌剤についていえば、薬剤が全身を巡らないよう、血液の循環を制御して患部だけに投与するといった技術も開発されている。

免疫療法では、免疫を活性化する作用のある「免疫賦活剤」と呼ばれるものが使われるが、すでに、きのこを使った免疫賦活剤も活躍している。

カバノアナタケは、生きる気力さえ失っていたガン患者に生命力を呼び起こし、戦う気力、体力を与えてくれる。

カバノアナタケの中に抗酸化作用にすぐれた物質がバランスよく含有されている。

ラットの実験では、おなじみのシイタケに含まれるエリタデニンという成分に血中のコレステロールと中性脂肪を低下させる作用が認められている。

カバノアナタケは、アレルギー疾患の予防と改善効果があります。